T字型鹿角ステッキ

T字型鹿角ステッキ

商品、作品解説

材料

鹿の角のハンドル材

注文頂いた御客様は、地方にお住まいの方で、ウェブサイトを通じて依頼がありました。材料の選択に何回も送って実際に持っていただき判断していただきます。特徴は手元のハンドル材が鹿角(エゾジカ)角の中心部がどうしても空洞(骨髄があるため)で、象牙を半円に削って仕上げフタをしています。

鹿の角のハンドル材

鹿の角のハンドル材

銀細工のネック材

角の表面に小さなツブツブがあり、手持ち馴れが良く、握りやすいと言われます。角との接続部分は純銀無垢のネック材を使用、裾部分にパピルスの葉の連結模様とイニシャルが彫られています。

デザインイメージ

デザインイメージ

希少な木材を使用

本体ステッキ棒は指物業界垂涎の「伊豆七島御蔵島産金桑」しかも玉杢材を贅沢に使用しています。

T字型鹿角ステッキ

T字型鹿角ステッキ

御蔵桑(みくらぐわ)の詳細については、以下のページでご紹介しています。

御蔵桑(みくらぐわ)についてを確認

”意匠”と”使いやすさ”を追及

仕上がりは拭き漆、石突き部部に象牙を用いています。

当初デザイン上ではネック下と象牙上部石突き部分に銀細工で桑の葉をモチーフしたものを入れる予定でしたが、持ち手の重量の関係もあり取りやめました。しばらく御使用いただき、改めて銀細工を施すことも可能です。納めた御客様よりお褒めの言葉をいただきました。

”意匠”と”使いやすさ”を追及

”意匠”と”使いやすさ”を追及

鹿角(かづの)について

日本にはエゾジカも含めて6種の鹿が生息していて世界では30種類を数えます。今回使用した角はエゾジカ4才物の角の良い部分から製作しています。エゾジカと本州鹿どちらの角がステッキに適しているかは、現代の根付師の方に聞いても、職人により意見はさまざまです。ひとつ言えるのは袋角(ふくろづの)から1年後4月~初夏に落ち角になります。

落ち角とは、角の中心部に骨髄部分の空洞化がどうしても落ちる前から進みます。そうすると5~6才の立派な角を持つ鹿、空洞化があまり進まない生きている鹿から得なければならず、ハンターに頼むしかありません。

鹿角(かづの)

鹿角(かづの)

ステッキ専門店ラカッポは、お客様のご要望をお伺いさせていただきながらフルオーダーメイドでステッキを製作、販売させていただいております。

気になる商品等ございましたら、お問合せフォームからお問合せください。お問合せの際には、お問合せフォームのメッセージ欄に具体的な商品名、ご要望等をご記入いただきますようお願いいたします。ご希望されるステッキのデザインイメージ等がある場合は、FAX(03-3521-7986)での送信をお願いいたします。

作業中、または銘木材等買い付けに出張していることが多く電話(03-3521-7990)に出れないことが多いため、ご連絡はお問合せフォームもしくはFAX(03-3521-7986)よりお願いいたします。

また店舗ご来店の際には、事前にご予約フォームからの事前予約をお願いいたします。

オーダーメイドステッキ作品集

ラカッポが過去に手がけてきたオーダーメイドステッキ作品集(木魂の杖)をご紹介いたします。

木魂の杖(オーダーメイドステッキ作品集)

オーダーメイドステッキ商品情報

ラカッポのオーダーメイドステッキは、お客様のご希望やご要望にもとづいた完全オーダーメイドに対応しております。世界中から選りすぐった貴重材にて仕上げたハンドル・グリップ、支柱・棒、石突、装飾品などあらゆるラインナップを揃えております。

オーダーメイドステッキ商品情報

お問合せ・ご来店予約

ステッキ専門店ラカッポは、お客様のご要望をお伺いさせていただきながらフルオーダーメイドでステッキを製作、販売させていただいております。ご来店の際は、事前にご来店予約をお願いいたします。また、ご不明な点などございましたらお気軽にお問合せくださいませ。みなさまのご利用、お待ちしておます。