木魂の杖(作品集)でご紹介した”マラッカ籐に銀細工”は、本(ほん)マラッカ籐です。

なぜ本(ほん)が付くのか?といえば、世に流通しているマラッカ籐は、籐の太口材に着色された物やマラッカ籐ですが、かなり削り加工した物が多く売られているからです。

丸籐に砥の粉、ニカワを混ぜ、着色している材は素人では判断が出来ません。

マラッカ籐と籐丸(私たちが目にする椅子・テーブル・ベッドの籐家具に使われる)とは、産地種類がまったく違います。例えたらマラッカ籐は、竹に近く、籐は籐ズルや太い弦系の植物といった所です。

見分け方は、本物のマラッカ籐は写真のように、ロータリーエンジンのような三角形おむすびに近い断面形状で、人に例えると背骨にあたる突起が手元から石突きまで走っています。

マラッカ籐は必ず断面が三角形です。

本マラッカ籐

本マラッカ籐

マラッカ籐(とう)について

生育分布

赤い部分がマラッカ籐。斜線部分が丸籐ラタンの生育部分です。地域により混成生育地もあります。

マラッカ籐・九籐の生育地図分布図

マラッカ籐・九籐の生育地図分布図

地図で示したように、突き出したマレー半島とインドネシア・スマトラ島に挟まれた有名なマラッカ海峡の南側インドネシアの北スマトラ島の南側インド洋に面したアチエ・シンキル・パタンに面した限られた地区の山添いに生育しています。

現地の人が伐採から加工した品物を山を越えた集積地メダンという町に集められて海峡を渡ったシンガポールの専門業者から欧米・日本へと輸出されます。

現地の生育地の写真です。籐というより竹に近いです。

現地の生育地の写真

現地の生育地の写真

伐採された皮付状態の良い物だけ選別し、煮沸され、虫害を除く作業が終わり、天日干し作業が行なわれます。

選別されたマラッカ籐(とう)

選別されたマラッカ籐(とう)

マラッカ籐は、写真でもわかるように、ほとんどが節付きです。節と節(節間)が90cmから1m以上ある完品は、現地でも年間あっても20本程度といわれています。

更に皮が綺麗に剥がれ表面に景色があり、径が先細りせず、大曲り加工に適した材になると、更に入手が難しく、大変貴重材といえます。現在マラッカ籐の完品は20万円以下では手に入りません。

ステッキ

ラカッポに在庫しているマラッカ籐のステッキ

ラカッポに在庫しているマラッカ籐のステッキ

写真①
節間が取れず、皮付の良材をそのままに大曲り・中曲りに仕立てたステッキです。雅味・野趣があり人気があります。
写真②
中央より手元は、無節で石突き部分に近い所に節がある場合、節皮を削り取り1本物のように仕立てたステッキです(削り取った部分は白い)。現在、このタイプが一般に流通しています。
写真③
節間が長く取れて表面に大きな傷が無い物。また多少の傷があっても着色された物も比較的価値があります。また完品でも、長さが足りず長さ補助として、水平などのハンドルを付ける場合があります。

当社では、マラッカ籐を深く追求してコレクションし、写真3タイプの製品を在庫していますが、残念ながら完品はたったの2本です。

実際にマラッカ籐の生育をご覧になりたい方は、シンガポールの植物園ポタニックガーデンをおすすめします。

写真・資料提供:大阪籐問屋(株)キムラ代表木村稔氏より談

マラッカ籐のオーダーメイドステッキについては、以下のページでご紹介しています。

籐(とう)の関連情報

籐(とう)に関しては、以下のページでまとめています。

籐(とう)

籐(とう)籐を確認

マラッカ籐(とう)

マラッカ籐(とう)マラッカ籐を確認

マラッカ籐(とう)のご紹介は以上です。続いてミカンの原種材の瘤(コブ)をご紹介いたします。

木族の会(樹種辞典)

ステッキの材料となる様々な貴重な樹種についてご説明いたします。

木族の会(樹種辞典)