ブナ科(コナラ属)シラカシ・アラカシ・ウバメガシ・イチイガシは、同じ種の仲間です。分布は東アジアを中心に、日本全土に育成しています。このグループ、コナラ属は、クヌギも仲間結実(ドングリ)の形・大きさでも種別けが出来ます。ブナ属・クリ属・コナラ属・シイノキ属・マテバシイ属と大体分類されます。

樫(かし)・オーク類について

樫は高さ15m~20m・直径50cm。平均最大で80cmを超す物もあります。写真①は、奈良県黒滝産のシロガシの巨木の4分の1の割材です。残念でしたが、芯が洞(ウロ)になっていました。身が詰まっていたら、もの凄い杢目が取れたと思います。”木魂(きこん)”を感じる樫の網目コブです。

奈良県黒滝産のシロガシの巨木の4分の1の割材

写真①:奈良県黒滝産のシロガシの巨木の4分の1の割材

ヨーロッパでは、樫はオーク、ナラはライヴォークと呼び別けます。ヨーロピアン・オーク・アメリカンホワイトオーク・日本のミズメ・ナラもツキ板業界では、市場材として種別けされています。ラカッポでは、種類が多過ぎるので、コナラ科として常緑高木の一群の総称として、樫(かし)・オーク類としました。

ステッキとしての樫・オーク類

写真②は、樫材を杢目・柾目の杢目を引き出す為に”目を切って製材追柾取(せいざいおいまさどり)”を試みましたが、3cm丸にはなかなか杢が乗りません。樫・オーク類(ヨーロッパ産)は堅牢・丈夫さが取りえですが、杢目の魅力はありません。

樫材のステッキ

写真②:樫材のステッキ

「A」「B」は木地のまま曲げ、拭き漆塗りを施した大曲りです。曲げた時の熱跡がどうしても残ります。ですから、色付け調色「C」がオーク類では必要です。

ヨーロッパでは、ステッキのルーツである古くは牧童の自然杖として、オーク類の仲間が材として用いられています。ラカッポでは、木を大切にする心持ちで、オーク類・ヒッコリー材を曲げ加工し、杢の不足は調色(色付け)「C」写真も試みましたが物足りず、また御客様からは、人気が無く閉口しました。杢の良いロシアのコーカサス・オークも取り組みましたが無駄でした。

樫(かし)・オーク類のご紹介は以上です。続いて花梨(かりん)をご紹介いたします。

木族の会(樹種辞典)

ステッキの材料となる様々な貴重な樹種についてご説明いたします。

木族の会(樹種辞典)