行(ぎょう)服装で言えば、基本的にスーツまたは、上下プラスチョッキにネクタイ。ビジネススーツも行扱いになります。帽子を例に取ると、写真のような黒の帽子は、本来格でいうと”真”ですが、飾り羽根を付けると”行”扱いです。ジャケットでも、生地や胸元の飾り一つでも小物を利かせる事により、一つ上の(真・行)扱いにもなります。

ステッキの選び方「行(ぎょう)」

ステッキの選び方「行(ぎょう)」

ステッキは写真のように、ハンドルとシャフトの組み合わせが基本となります。写真の右端の握り玉(大黒タイプ)木地に銀細工をした物や、象牙玉になった場合は、少し格が上がり(真・行)扱いになります。

真行草からみるステッキの選び方

身近な服装もからめて、ステッキの選び方を「真・行・草」でご紹介します。

真行草でのステッキの選び方を確認

ステッキの選び方

TPO(時間、場所、場面)に応じたステッキの選び方について、以下のページでご紹介しています。

ステッキの選び方を確認

教えて!!ステッキ

教えて!!ステッキでは、ステッキに関する知っておくと便利な情報についてまとめています。

教えて!!ステッキを確認