「自分に合ったステッキの長さを決める」これは見た目以上に大切なことです。

自分に合わない長さのステッキを持ってしまうと、将来に渡って不具合が出るといっても過言ではありません。でも、自分にぴったりフィットするステッキの長さの決め方を分かっていれば大丈夫です。

自分にフィットした長さのステッキは、歩く時のテンポを取る際や身体をちょいと支える際に取り回しがしやすく、また第三者から見てもバランスが良くて大変おしゃれに見えます。

ステッキの長さの決め方を参考情報としてご提案いたします。

ステッキの長さの決め方

非推奨(一般的)

ステッキの長さの決め方(非推奨)

ステッキの長さの決め方(非推奨)

一般的に推奨されているステッキの長さを決める計測方法です。しかし、当店ではお勧めしておりません。「人により腕の長さが違う」、「机上の計算式だけでは自らの身体にフィットするかは答えがでない」という点が非推奨である理由です。

また実際に使用するとき楽でおしゃれでたのしいステッキの長さの感じ方は、人により異なるため、計算式では決めきれません。ステッキを相手にプレゼントしたい時は便利な方法ですが、自らの身体にフィットするステッキは、机上の計算だけでは答えが出てきません。

また、机上だけでステッキを購入してしまうと、短すぎて使い物にならないといったリスクもあることから、実際に実物に触れて確かめてみることがとても大切です。

簡単

ステッキの長さの決め方(簡単)

ステッキの長さの決め方(簡単)

一番簡単なステッキの長さを決める方法です。楽にまっすぐな姿勢に立って、ステッキ(もしくは代わりの棒状の物)をつま先前に置き、両肘や肩の力を抜いて利き手でハンドルを握ってもう一方の手を添えます。

この時腕をステッキに預けている感じがして楽だなと思う位置で長さを決める方法です。この方法でステッキの長さを決める際には、一回の計測で決めるのではなく、時間を空けて何回か試してみる必要があります。

推奨

ステッキの長さの決め方(推奨)

ステッキの長さの決め方(推奨)

ステッキの長さを決める方法としてラカッポが一番お勧めする方法です。ステッキもしくは棒等を持ちその垂直線上に延長したと考え、ハンドルを握った時の肘先腕の部分とステッキの垂直線の間の角度が30°~40°になった時のステッキの長さを測るという方法になります。

この場合取り回しをしやすくしたい場合は角度を30°よりに(ステッキ長さが短くなる)します。またステッキに頼りたい場合は40°より(ステッキの長さが短くなる)にします。イキイキとおしゃれに闊歩したい時は30°で決めた長さがおすすめです。

ステッキの長さの決め方が把握できたら、実際に希望のステッキを選んでみましょう。

商品情報

購入前の基礎知識

ステッキをご購入いただく前に知っておくと便利な知識をまとめています。

購入前知識